絵になる菜々緒の着物姿 初時代劇で初濡れ場、入浴シーンに挑戦

[ 2015年6月16日 10:45 ]

美しいうなじを見せながらポーズを取る菜々緒

 初の時代劇、初の濡れ場。そして、初の入浴シーンまである。モデルで女優の菜々緒(26)がWOWOW「ふたがしら」(毎週土曜後10・00)で新たな扉を開いた。これまでは美脚のイメージが強かったが、この作品では美脚を封印し、内に秘めていた魅力を解放。竹久夢二の美人画にも似た蠱惑(こわく)的なたたずまいで、見る人の心を激しく揺さぶる。

 うなじが美しい。今までは美脚に目を奪われがちで気づかなかった。着物だと、細く長い首が一層引き立つ。

 「ちょうど父と同じ位置に、ほくろがあるんです」

 確かに、首の下に、ほくろが2つ、斜めに並んでいる。それはまるで何かの刻印のようで、エロチシズムを感じさせる。

 「ふだんTシャツを着ていたり髪を下ろしていたりすると見えないところなんです。着物は、襟足、首筋が目立ちますね。うなじにはもともとコンプレックスがあったんですけど、褒めていただくと、うれしいです」

 目に力がある。じっと見つめられると、深い湖に引き込まれてしまうような気分になる。ちょっと怖いほどの引力だ。

 「“目で語る”という言葉があるように、目力は表情の中でとても大事なものだと思います。これまではお化粧で目力を出すようにしていた部分もあったんですけど、今回は時代劇なので、ほとんどメークをしない分、自分自身で訴えかけられるように意識しました」

 なぜ、時代劇なのか。1メートル72の長身や従来のはつらつとしたイメージとはミスマッチのはずだ。

 出演依頼したWOWOWの松永綾プロデューサーは「菜々緒さんには存在感があるんです。以前出演されたドラマを見てからずっと気になっていました。この作品には現代に通じる空気感を入れたかったので、菜々緒さんが持っている現代的女性の存在感が必要だと考えました」と説明した。

 あえてミスマッチを狙ったわけだが、懸念もあった。これまで日本髪と着物で演技をした実績がなかったからだ。不自然さ、ぎこちなさが出てしまえば作品自体を損なうことになる。起用は一種の賭けだった。

 松永プロデューサーは「顔が小さくてモデル体形なので日本髪と着物が似合うのかどうか、やってみないと分かりませんでした。でも、初めてのカツラ合わせの時、現場のスタッフから“わあ~”と歓声が上がったんです。よく似合っていて、まるで一枚の絵のようでした」と振り返った。

 この作品には濃厚な濡れ場がある。盗賊一味の頭の妻の役だが、俳優・成宮寛貴(32)が演じる盗賊と深い関係で、物語が進むにつれて情事が激しくなっていく。

 特に第4話で、着物の胸元に成宮の手が差し込まれ、口に指を入れられる場面が官能的だ。愛撫を受けて潤いを帯びた瞳を最後に閉じてしまうことによって、自身の心と体の状況を明確に表現することに成功している。

 菜々緒は話す。

 「濡れ場というのも初めてだったので、凄く緊張しましたけど、成宮さんにリードしていただきました。口に指が入る場面は撮影している時はどう映っているか分からなかったんですけど、後で拝見したら“一つの動きでこんなにも絵が変わるんだ!?”と思って、勉強になりました。いい絵になったと思います」

 あの「水戸黄門」の名物をほうふつさせる入浴シーンもある。実は撮影時、その姿を一目見ようという関係者が多かったため、いつもより現場の人数が増えていた。

 「言われてみると、確かに、多かったような気もしますね(笑い)」

 時代劇にとっての異物は、結果的に、作品にとって望ましい化学反応を起こすことになった。菜々緒が映し出される場面はいずれも見る人に強烈なインパクトを与える。

 演出した入江悠監督は「菜々緒さんはある種の天才だと思います。9頭身でモデル体形なのに着物が似合うのがまず不思議です。事前に役作りについてほとんど注文しませんでしたが、脚本を読んでもらって、一度“こう動いてください”と言うと、すぐに理解して演じてくれました。理解力があるし、度胸もあります」と語った。

 第5話が最終回となるが、監督や出演者、スタッフはすでに続編制作の話で盛り上がっている。入江監督は「最終回の菜々緒さんが凄いんです。きっと、その続きを見てみたいと思いますよ」と笑った。

 もちろん、菜々緒に異存はない。

 「続編があるなら、もっと凄いシーンでも演じてみようかなと思います。レベルアップしたところを見ていただく機会があるといいですね」

 “夢二の美人画”が艶然とほほ笑んだ。

 ◆菜々緒(ななお)1988年(昭63)10月28日生まれの26歳。埼玉県出身。2009年、東京ガールズコレクション「ミスTGC」受賞。10年、三愛水着イメージガール。11年から雑誌「GINGER」の専属モデルに。12年7月からフジテレビ系で放送された連続ドラマ「主に泣いてます」に主演。14年3月公開の映画「白ゆき姫殺人事件」に出演。身長1メートル72、股下85センチ。血液型O。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年6月16日のニュース