AKB総選挙 80位狙いが何と84人!目標順位から見える傾向

[ 2015年5月19日 10:00 ]

「グノシー」のCMに出演する島崎遥香

 「第7回AKB48選抜総選挙」(6月6日、ヤフオクドーム)で1位よりも目指す人数が多い順位は…?立候補者全員アンケートの目標順位から、各メンバーの狙いが浮き彫りになった。

 AKB48が情報キュレーションアプリ「グノシー」上で展開する特別コンテンツで総選挙立候補メンバー272人がアンケートに回答したもの。

 1位を狙うと答えたのは29人。昨年初めて1位をつかみとったAKB48の渡辺麻友(21)や一昨年の総選挙で1位に輝いたHKT48の指原莉乃(22)、NMB48のエース・山本彩(21)ら実績があるメンバーに加え、過去ランクイン経験がないメンバー15人も高い目標を掲げた。

 だが、1位よりも“現実的”な目標として何と84人ものメンバーが目標として挙げたのはランクインする中では最下位の80位。目標が低いと言うなかれ、272人中80人ということは上位30%。狭き門なのだ。

 具体的な順位ではなくランクイン、圏内、80位以内などと回答したメンバー28人も加えると112人がとにかく順位が付くことを目指している。それもそのはず、今回立候補した272人中、過去ランクインしたことがないのは202人。実に74・2%は名前を呼ばれたことがない計算になる。

 16位以上がセンバツメンバー、17位から32位がアンダーガールズと、16位刻みでくくりが決まるが、少しでも上のカテゴリーにという思いで16位、32位など16の倍数(80位除く)を目標にするメンバーが23人いる一方、その1つ上の順位、つまり17位、33位、48位、65位という各カテゴリーのセンターを目指すメンバーは30人。「鶏口となるも、牛後となるなかれ」と考えるメンバーの方が多いようだ。

 「第7回AKB48選抜総選挙」の投票は19日にスタート。6月6日に開票イベントが行われる。

 グノシーとAKB48のタイアップコンテンツは20日公開予定。島崎遥香(21)、指原らを起用したTVCMも放送される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年5月19日のニュース