紺野アナ感激 同期・高橋愛&新垣里沙と4年ぶりダンス「奇跡」

[ 2015年5月19日 12:18 ]

4年ぶりに3人でダンスを踊った(左から)高橋愛、テレビ東京・紺野あさ美アナウンサー、新垣里沙

 テレビ東京の紺野あさ美アナウンサー(28)が19日、東京・虎ノ門の同局スタジオで「モーニング娘。」時代の同期(5期)高橋愛(28)新垣里沙(26)と冠ダンス番組「紺野、今から踊るってよ」(19~21日深夜1・30)の収録を行った。3人が一緒に踊るのは4年ぶり。紺野アナは「奇跡みたいなことが実現しました」と喜んだ。

 紺野アナがひたすら踊るだけの異色番組。普段は美女の自宅などを訪れるが、今月4日に始まったシリーズ第2弾の“最終回”(21日放送)とあり、5分のミニ枠ながらスペシャルゲストが登場する。

 3人が一緒に踊るのは、2011年に行われたイベントの際に5期メンバーが集まって以来。この日の収録スタジオは、01年に5期メンバーの最終オーディションが行われた思い出の場所。「SPEED」の名曲で息の合ったダンスを披露した。

 高橋は「懐かしい感じはしますが、SPEEDさんを踊ることはなかったので、今まで体験したことない感じ」と新鮮だった様子。新垣は「こんこん(紺野アナ)はモーニング娘。時代(周囲に)付いていきますタイプでしたが、今回はすごく引っ張っていってくれたので、頼もしかったです」と同期の成長ぶりを語った。

 「歴代1番なぐらい踊れなさ過ぎて」と振り返るほど、モー娘時代は“ダンス劣等生”だった紺野アナ。踊りの番組を担当することに「2人がビックリしているんじゃないかと思います。自分もビックリしていますし、当時を知っている2人は全く想像できなかったんじゃないかと思います」と語った。

 新垣は「この番組が始まって、タイトルを見た時に『踊るの?』『ウソでしょ?』みたいな感じでした」と笑いを誘い「でも、見たら、結講パキパキ動いていて。新しい“こんこん”が見れました」と評価。紺野アナは「いやいやいや」と照れ笑いした。

 最後に紺野アナは「いろいろな美女の方に会ってきて『この子、こんな人生を送っているんだなぁ』と、それぞれの人生を少しでも感じられて、ダンスを踊っているだけなんですが、実は深い経験をしているような番組です。最後に同期で踊るという奇跡みたいなことが実現したので、本当にうれしく思っていますし、皆さんに感謝しています」と感激していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年5月19日のニュース