成宮寛貴「相棒」卒業!当初より1年延長、3月放送の最終回で

[ 2015年2月4日 05:30 ]

テレビ朝日「相棒season13」で「相棒」シリーズから卒業する成宮寛貴(右)。左は主演の水谷豊

 テレビ朝日の人気ドラマ「相棒season13」(水曜後9・00)に出演中の成宮寛貴(32)が、3月放送の最終回で同シリーズから卒業する。

 12年10月スタートの「season11」から警視庁特命係巡査部長の甲斐享役で出演。水谷豊(62)が演じる警視庁特命係の杉下右京の相棒役を、初代の寺脇康文(52)、2代目の及川光博(45)から引き継ぎ約3年務めた。

 成宮は役について「『相棒』という作品に出会え、携われたのは本当に大きな経験でした。特に、水谷さんとご一緒できたことは、俳優としても沢山勉強になりましたし、人間としても成長でき、心から感謝しています。3年間演じてきたカイト君とは、長く演じてきた分、僕自身と何か強い繋がりを感じています。今あるもの全て出して悔いのないように、応援してくださったファンの方々の気持ちを最後まで背負って、このシーズン13を締めくくれればと思います 」と思い入れたっぷり。

 水谷も「カイト君は2年の約束で相棒として入ったのですが、制作サイドも僕も、どうしても1年延長して欲しいとの思いを申し入れたところ、快く受けてくれました。カイト君と事務所の皆様に感謝です。お陰で素晴らしいシーズンになりました」と、1年延長したことを明かし、「さあ!有終の美を飾るべく2人で最後の事件に向かいましょう」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年2月4日のニュース