スター・ウォーズ大雪像が出現!さっぽろ雪まつり史上最大級

[ 2015年2月4日 20:40 ]

「第66回さっぽろ雪まつり」に登場した「雪のスター・ウォーズ」

 12月18日にシリーズ最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されるのを記念し、ダース・ベイダーの大雪像が4日に行われた「第66回さっぽろ雪まつり」(5~11日)のオープニングセレモニーでお披露目された。

 高さ15メートル、幅22・6メ-トル、奥行き20メートル。製作期間は1カ月。5トントラック700台分の雪を使い、延べ2000人が作業に当たった。大通り公園会場の雪像としては史上最大級の大きさとなった。

 上田文雄札幌市長は「映画公開の記念となる年の一番最初のお披露目として、雪まつりを選んでいただき、とてもうれしく思います。また、寒い中、1カ月もの時間をかけて、この大雪像を作ってくれた関係者の方々に深く感謝いたします。毎年、200万人以上の方々が来てくださるこの『さっぽろ雪まつり』ですが、今年は『スター・ウォーズ』効果で250万人、いや300万人以上の方々が来てくださることを期待しています」とあいさつした。

 この「雪のスター・ウォーズ」があるのは大通西4丁目「STV広場」。期間中、午後6~10時はライトアップされる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年2月4日のニュース