“厳戒”たかじんさん一周忌、取材お断り…「殉愛」百田氏も出席

[ 2015年2月4日 08:15 ]

やしきたかじんさん

 昨年1月に亡くなったタレントで歌手、やしきたかじんさん(享年64)の一周忌が3日、大阪市内のホテルで行われた。

 フリーキャスターの辛坊治郎氏(58)が司会を務め、新党大地代表の鈴木宗男氏(67)や生前親交のあったテレビ局関係者らが参加。出席者によると、たかじんさんの長女から出版差し止めの民事訴訟を起こされた闘病生活をまとめた「殉愛」の著者、百田尚樹氏(58)も参加し、「多くのことは言えませんが、お騒がせしてすみません」と口にしたという。

 また、妻さくらさんは「心配おかけして申し訳ありません。本(殉愛)のことは後悔していません」などとあいさつしていたという。この日は、騒動が続いているためか、主催者側は「取材は一切お断りしている」と報道陣をシャットアウトした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年2月4日のニュース