竹田恒泰氏 朋ちゃんとの破局はたかじんさんの“遺言”だった!?

[ 2014年11月24日 12:34 ]

竹田恒泰氏

  明治天皇の玄孫(やしゃご)で学者の竹田恒泰氏(39)が24日、自身のブログを更新し、今年1月に食道がんのため亡くなったやしきたかじんさんからの“遺言”の内容を明かした。

 竹田氏は「たかじんのそこまで言って委員会」で、13年の3月末から5月上旬にたかじんさんが復帰した1カ月間共演しており「やしきたかじんさんは、生前、僕宛にメッセージを遺してくれていました。たかじんさんは、大胆なイメージとは別に、とても繊細な面も持っていて、番組の出演者やスタッフにも、メッセージを遺して下さいました」とつづっており、その内容について「たかじんさんが僕に遺してくれたメッセージは、、、『歌姫はやめておけ』」と明かしたもの。

 竹田氏は昨年秋に歌手の華原朋美(40)に熱烈アプローチしていたが、竹田氏の“二股交際”疑惑が発覚し破局している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年11月24日のニュース