あゆ 「紅白卒業」を宣言「ベストな形でお別れが出来た 清々しい気持ち」

[ 2014年11月24日 05:30 ]

浜崎あゆみ

 歌手の浜崎あゆみ(36)が23日、大みそかの「第65回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の出場者リストに浜崎が入っていないという報道を受け、自身のツイッターを更新し、「紅白卒業」を宣言した。

 「新聞は新聞社さんのお仕事であって、あれは私達側からの発信でもなければ相手側からの発信でもなくて報道」と前置きし、内容をおおむね認めた上で「NHKホール卒業させて頂きます!」とツイートした。

 続いて自らの言葉で背景を説明。「お互いにパーフェクトなタイミングで手を振り合い、ベストな形でお別れが出来たことをむしろ清々(すがすが)しい気持ちで喜んでいる」と、NHKとの意思確認を行った上での、前向きな選択であることを強調。「ってなんか、破局ツイートみたいになってしまいましたが、違います。笑」と、明るいトーンでつづった。

 ファンクラブ向けのホームページでも心境を報告。「やらなければならない事が減っていき、やりたい事にだけフォーカスして全力で取り組んでいける環境を与えてくれる全ての皆様に感謝」と、14年続いた紅白とカウントダウン公演との並行による疲労と重圧から解放された安堵(あんど)感ものぞかせた。

 一方で「来年から始まる、日本だけでなくアジア全域を本格的に揺さぶり出す活動にワクワクが止まらない」と、海外を拠点に日本と東南アジアを股に掛けた活動を本格化させていく決意を強く示した。

 浜崎は99年に紅白に初出場。以後、15回連続で出場し、番組の顔の一人として貢献してきた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年11月24日のニュース