里田まい 2年8カ月ぶりメディア出演 “おバカ”ぶりは健在

[ 2014年11月24日 05:30 ]

ラジオの公開収録番組に登場した里田まい(右)と嗣永桃子(左)らカントリー・ガールズのメンバー

 米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手(26)の妻でタレントの里田まい(30)が23日、千葉県船橋市で行われたニッポン放送の公開生放送に参加し、2年8カ月ぶりにメディアに出演した。イベント「里山・里海へ行こう 収穫祭」の一環。自身が在籍した「カントリー娘。」の後継グループ「カントリー・ガールズ」のスーパーバイザーとして、“娘たち”をファンにお披露目した。

 左手薬指に指輪を光らせ、短めのスカートからのぞく美脚はかつてのまま。10代が中心のメンバーに交じり、「お米が大好き、30歳。高校は無事、卒業しました。お久しぶりです。里田まいです」と自己紹介。客席からひときわ大きな歓声が起きた。

 現在はニューヨーク在住。帰国した時期を聞かれ「10月中旬!上旬です」と答え、司会から「大違いですよ」とツッコまれるなど“おバカ”ぶりは健在。一方、グループに加入した「Berryz工房」嗣永桃子(22)のトークが暴走気味になると「(キャラが)強すぎるから、抑えめでね」とたしなめるなど、しっかりした一面も見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年11月24日のニュース