「笑ってはいけない」浜田マル秘ゲストに困る、松本ボヤく「誤審多い」

[ 2014年11月24日 11:05 ]

今年も「絶対に笑ってはいけない」シリーズに臨む「ガキの使い」メンバー(左から浜田雅功、松本人志、月亭方正、遠藤章造、田中直樹)(C)日本テレビ

 大みそか恒例の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の“絶対に笑ってはいけないシリーズ”が今年も放送されることになり、9年目を迎える今回のテーマは「大脱獄」になった。

 「ガースー黒光り中央刑務所」を舞台に「ダウンタウン」浜田雅功(50)松本人志(50)月亭方正(45)「ココリコ」遠藤章造(42)田中直樹(42)の5人が囚人研修員として、さまざまな研修に臨む。

 今月中旬、東京近県の学校と運動公園を貸し切り、例年通り、壮大なロケを敢行。濃霧のため高速道路が通行止めになるアクシデントもあったが、無事に乗り切った。スタッフ総数は約500人。CCDカメラ220台、ENGカメラ25台。今回、空撮用のリモコンヘリカメラを初導入。迫力ある映像を撮影した。

 マツコ・デラックス(42)蝶野正洋(51)板尾創路(51)ら常連ゲストをはじめ、有名演歌歌手・大物俳優・人気モデルら豪華ゲストが「笑いの刺客」として登場。ガキ使メンバーの家族も出演!?息をつく間もない“笑いのトラップ”が次々に襲い掛かる。

 収録を終えたガキ使メンバーのコメントは以下の通り。

 ▼浜田雅功 マル秘ゲストちゃんには、ほとほと困りました…。

 ▼松本人志 毎回なんですけど、誤審が多くて、僕以外もっとみんな叩かれるべきだと思います。

 ▼月亭方正 本当にしんどいこともあったけど…。でも、なんで捕まったのかだけ最後に教えてほしいかな。

 ▼遠藤章造 捕まったことによって、いろんな人に会うこともできましたし、まさかという人にもお会いできたので、いい思い出になりました。

 ▼田中直樹 すごい大変でした。けど、みんなと一緒だったから乗り越えられたと思います。あらためて外の世界はいいなと思いました。

 「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!」の放送は12月31日午後6時半から1月1日午前0時半。

 【「絶対に笑ってはいけない」シリーズ 大みそか放送以降のテーマ】
2006年=警察
2007年=病院
2008年=新聞社
2009年=ホテル
2010年=スパイ
2011年=空港
2012年=教師
2013年=地球防衛軍

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2014年11月24日のニュース