田中麗奈“魔性の女”に挑戦 不倫OL役も「平和主義なので」

[ 2014年11月24日 06:25 ]

TBS「美しき罠~残花繚乱~」で“魔性の女”に挑戦する田中麗奈

 女優・田中麗奈(34)が、来年1月8日スタートのTBS「美しき罠~残花繚乱~」(毎週木曜後9・00)に主演する。民放の連続ドラマ主演は、2008年「猟奇的な彼女」以来7年ぶり。上司との不倫をきっかけとした愛憎劇に挑む田中は、クランクインを前に「意外な題材の話を頂けた。あまり気負わずにストーリー、役に自然に入り込んでいけたらいい流れになると思う」と新境地開拓に期待を寄せた。

 映画、ドラマを中心に、ここ数年は舞台にも積極的に出演し活動の幅を広げている田中。その中でも、今回のオファーは「自分の今までのイメージと全然違うって、ちょっとビックリしましたね。でも、自分にとっての日常とのギャップが新鮮ですごく面白そう。やってみたいと思いました」という。

 大手企業に勤める西田りか(田中)が常務・柏木荘太(村上弘明)との不倫に終止符を打つため、常務が目をかけていた青年実業家の圭一(青柳翔)との見合いを決意。だが、それを画策したのが常務の妻・美津子(若村麻由美)で、圭一もほのかな思いを寄せていたことから、りかに激しい復しゅう心が芽生えていくという愛憎渦巻く内容だ。

 まさに魔性の女というイメージだが、田中は「私は割と平和主義なので、奥さんのいる方を好きになるとか対立は苦手なんですよねえ」と苦笑い。それでも演技プランについては、「魔性って自分では無意識で、普通にやっていることやしゃべる内容で引き込んでしまうび薬のイメージですね。だから、りかも不器用な人なのではないかと思います。身近にいる、会うとホッとするような女性として、彼女の気持ちに寄り添ってあげたいですね」と思案している。

 主要キャスト4人に加え、りかの親友らの思惑も絡み合い、多種多様な心理戦が繰り広げられる展開。田中は、「シチュエーションが刺激的なので、構えないで入っていったら無限大でどこまでもいけちゃいそう。独特の空気感、温度感に一喜一憂はすると思うけれど、そういう揺れる状況を楽しんでいけるのかな。それで何か変化が起こればうれしいですね」と撮影が待ち遠しい様子だ。

 りかは実年齢と同じ34歳という設定。自身の結婚観について問われると、「ドラマに関する質問以外は…ということで」とかわしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年11月24日のニュース