能年玲奈 自分主演作を映画館で鑑賞「皆さんと同じ目線で観たかった」

[ 2014年9月6日 06:30 ]

能年玲奈

 女優の能年玲奈(21)が5日、自身のブログで主演映画「ホットロード」(監督三木孝浩)を映画館で鑑賞してきたことを明かした。

 3日の夜に友人と出かけたもので「劇場の大画面で、皆さんと同じ目線で観たかったので、無事に達成出来て良かったです」とつづっている。

 映画が終わった後に一緒見ていた女の子達から「面白かったです!」と声を掛けられ「凄く嬉しかったです」という。実際に映画館で自身の作品を見て能年は「観てくださる方がいるから、作品が存在出来ます。たくさんの方に観に来ていただけて、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを新たにしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年9月6日のニュース