デュオ「DNA」 母は“酒でHに”娘には遺伝せず

[ 2014年9月6日 05:30 ]

都内でデビュー記念のディナーショーを開いた「DNA」。母のSanae(左)と娘の晃月Reika(右)

 実の母娘による新人デュオ「DNA」が5日、都内でデビュー記念ディナーショーを開いた。

 「吾亦紅」で知られる杉本眞人(65)のプロデュース。母娘で同じ男を好きになる様子を歌ったデビュー曲「恋はミステリー」などを披露した。実際の2人は好みのタイプが異なり、娘のReika(25)は「背が高くて面白い人」、母のSanae(45)は「誠実な方」と明かした。母は「お酒を飲むとエッチになっちゃう」とぶっちゃけ、娘は「その“DNA”は受け継いでない」と苦笑いした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年9月6日のニュース