唐沢寿明、爆笑舞台あいさつ 共演者の発言に「警察呼んで!」

[ 2014年9月6日 13:44 ]

映画「イン・ザ・ヒーロー」初日舞台あいさつに登場した(左から)寺島進、黒谷友香、福士蒼汰、唐沢寿明、和久井映見、杉咲花

 俳優の唐沢寿明(51)が6日、都内の映画館で行われた主演映画「イン・ザ・ヒーロー」の初日舞台あいさつに福士蒼汰(21)、黒谷友香(38)ら共演者と登壇。寺島進(50)の発言には「警察呼んで!」と突っ込むなど、笑いに包まれたステージとなった。

 特撮映画などに欠かせないスーツアクターの活躍を描く物語。主演の唐沢は25年のキャリアを持つベテランスーツアクターを演じている。上映後の舞台あいさつということで、キャストが登壇すると、会場からは完成と声援が飛び交い、思わず「サクラじゃないだろうな」と照れ笑い。自身も若手時代にスーツアクターの経験をしていることもあり、「(昔の現場で一緒だった)みんなが現場に来てくれて殺陣と付けてくたりした。そういうのが嬉しかった。戦隊物以外にこういう仕事ってない。こういう作品が増えてくれると嬉しい」としみじみ語った。

 自身の憧れのヒーローは「ブルース・リー。だってヒーローだもん」と即答。「芸能界でもブルース・リーを目指しますよ。お見せしてない技も山ほどある。こういうのをやると燃えてくるんだよね。自分も昔は黒ニンジャ側だったから、やんなきゃって気になるし、(撮影を)思い出すと今でも熱くなる」と興奮気味に話した。

 唐沢と同じくスーツアクター経験のある寺島は女性役のスーツアクター役。「ブラジャーをして胸パットを入れてたんですけど、昔より進化してたのにびっくり。触り心地がすごく良くて、すごく弾力があって、やわらなくて…」と話し続ける寺島に、唐沢が「これは警察呼んでもらおう。ダメだ」と鋭くツッコミ、会場は爆笑。

 その後も、わざと福士の前に立って妨害したり、まじめに話をする後輩役の日向丈(42)には「固いんだよ」、緊張気味でハッキリあいさつができない娘役の杉咲花(16)には「ちゃんとしゃべれるように頑張りなさい」と突っ込み続け、終始舞台を盛り上げた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年9月6日のニュース