キムタクも憧れる「HERO」像 “古畑”の田村正和がお手本

[ 2014年9月6日 11:24 ]

 今年No.1の注目を集める「HERO」(フジテレビ)が平均20%台の高視聴率をキープして終盤に突入する。主演のSMAPの木村拓哉(41)は「共演者のセリフまで覚えている」という噂を聞き、その真偽を確かめようと収録現場を訪れると、セリフだけでなく共演者の動き方まで把握しているキムタクがいた。その背景には本人が憧れる“HERO像”があった。

 楽屋に戻らない、衣装で使った服が必ず売り切れる――スターとして数々の“伝説”を持つキムタク。新説「共演者のセリフまで覚えている」は本当か。本人に確認しようと、セリフ量が今シリーズで最も多くなる最終話の収録現場を訪れた。そこで、また一つ、新しい事実を目の当たりにする幸運に恵まれた。

 最終話は法廷が主な舞台。俳優の正名僕蔵(44)がある場面で、監督から動き方の指示を受けながら分かりにくそうにしていると、木村が横から補足説明。この様子を見ていた女優の吉田羊(年齢非公表)は「木村さんは皆の動き方を把握してるのよね」と感心しながら明かした。

 キムタクは共演者のセリフだけにとどまらず、動き方まで記憶して撮影に臨んでいたのだ。その理由は「感情と感情が重なり合って会話はなされていく。自分以外の言葉や動き、そして感情まで把握して演じた方が、リアルな会話のスピードに近づける」から。「HERO」の人気を支えているのがテンポのいいセリフの掛け合い。それは、こんな工夫から生まれていた。

 もちろん負担は大きい。首相役を演じた08年の同局ドラマ「CHANGE」の最終話で20分を超える長ゼリフを完璧に演じ切り、抜群の記憶力で視聴者を驚かせたが、膨大な量のセリフや動き方を覚えるのはやっぱり「つらい!」と率直に明かす。それでも、この作業をやめるつもりはない。 「つらいからって、やめちゃうなら仕事じゃない。大げさな言い方になっちゃうかもしれないけど、共演者もスタッフも熱い気持ちでいてくれるのに“きつい”なんて言ってらんねえ」

 そして、セリフは完璧に記憶して「セットに台本を持ち込まない」と決めている。これは「古畑任三郎スペシャル」で共演した田村正和(71)がお手本だ。

 「セットの外のチェアに座ってる時は寝てるような感じなんだけど、スタッフから“お願いします”と合図があったらパンと立ち上がって、台本10ページ以上にわたるシーンを完璧に演じ切る。思わず“ワーオ!”って声が出ちゃった」

 その姿が強烈な印象として残っており「カジュアルな言い方すると、それを目の当たりにした時に“かっけえな、自分もああなりたいな”と思った。そんなハイパフォーマンスを見せてくれる先輩がいるからこそ、自分らも触発されるんだよね」と力を込める。

 先輩への純粋な憧れを口にし、そこに近づくための姿勢に揺るぎはない。スターをつくり上げた骨格を見た思いがした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年9月6日のニュース