潮田玲子“大豆博士”に!夫・増嶋を料理でもアシスト

[ 2014年9月6日 09:16 ]

ソイフードマイスター資格認定所を手に笑顔でポーズをとる潮田玲子

 バドミントン元日本代表の潮田玲子(30)が大豆の栄養などを学び、日常生活に生かすことを目的とした「ソイフードマイスター」を取得した。

 今年5月に設立された「日本ソイフードマイスター協会」が認定する資格。潮田は7月に行われた講座を受講し、大豆の栄養を体づくりや健康に生かす方法などを学び、試験に合格した。

 4月に取得した「ジュニア野菜ソムリエ」に続く食物にまつわる資格となり、「アスリートだったので体づくりには気をつけていましたが、引退して、結婚して、料理を作ることが多くなり、いろいろ学びたいと思いました。知識やレシピなどを伝えていきたいです」と話している。

 自宅では夫でサッカーJ1柏の増嶋竜也(29)に、肉の代わりに大豆使用の空揚げなどを振る舞い、「豆とは分からない」と驚かせた。大豆は美容にも良いとされ「効果が出たらお知らせします!」とさまざまなパワーに期待している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年9月6日のニュース