相葉雅紀 雪降らせて大はしゃぎ「裏方さんの気持ち分かった」

[ 2014年6月20日 13:35 ]

 「嵐」の相葉雅紀(31)が20日、都内で行われたミスタードーナツ「コットン スノー キャンディ」新商品・新CM発表会に出席した。

 雪の降る中、まるでステージ衣装のような白いCM衣装で登場した相葉は「派手な登場ですいません」と照れ笑い。「男らしくスタイリッシュに」仕上がった新CMは、セリフはなく、相葉がスノーバズーカを持ち、豪快に雪を降らせるというもの。監督からは「男らしく、野獣っぽく」との指示が飛んでいたといい、「(バズーカを)操っている感じがたまらなかったですね。重かったですけど、実際に(雪が)出ていて、楽しくてしょうがない。コンサートの演出にも使えそう。やる方も楽しいんだなって裏方さんの気持ちが分かりました。ほしい」と満面の笑みを浮かべた。

 会見前に商品5種類すべてを試食したという相葉は「口の中で雪が降ってる感じ。(CMは)口の中を表現しているのかなと。ちょっと違うかもしれないけど、それぐらい爽快。ミスドの近くに引っ越そうかな、ほんと大好き」とすっかりお気に入りの様子。「新雪の感じが出てますよね、食感がかき氷でもアイスでもなくて…食べたらわかります。カダラの中に雪を降らせて、暑い夏を乗り切ってください」と商品をPRした。

 フォトセッションではCMと同じようにバズーカを担いで実際に雪を降らせるという演出もあった。予定とは違う方向にバズーカを向けるなど、持ち前のサービス精神を発揮。「俺が降らせてるって気持ちが湧いてきますね」と最後までご満悦だった。

 相葉出演の「夏のミスドに雪が降る」篇は25日よりオンエアされる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年6月20日のニュース