山本美月「ブス」「バカ」…一転、あでやか赤い着物姿に

[ 2014年6月20日 05:30 ]

赤い着物で熱演する山本美月と早乙女太一

 モデルで女優の山本美月(22)の初出演舞台「怪談・にせ皿屋敷」が19日、東京・青山劇場で初日を迎えた。

 古典の怪談「番町皿屋敷」がモチーフで、山本は家宝の皿を割ったと濡れぎぬを着せられる奉公人役。みすぼらしい着物姿で「ブス」「バカ」と罵倒されるシーンから一転、あでやかな赤い着物姿に“変身”し観客を驚かせた。「とても緊張しているけど、学んだことを出し切りたい」と気合十分。稽古を通して主演の早乙女太一(22)らと打ち解けたといい「“ワンピース”とか好きな漫画の話で盛り上がりました」と笑顔。23日まで。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年6月20日のニュース