イモト登頂断念の瞬間は涙止まらず「今年行きたかったんですけどね…」

[ 2014年5月18日 20:55 ]

エベレスト登頂を断念したイモトアヤコ

 世界最高峰エベレストの登頂を断念したタレントのイモトアヤコ(28)が18日に放送された日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」に出演。登頂断念への経緯が明かされた。

 イモトは番組の企画でエベレストの登頂に挑戦。エベレスト近くで高地順応訓練中だったが、4月18日に13人が死亡する雪崩事故が発生。協力し合う予定だった各国の登山隊が撤退したため登頂が困難になり、日本テレビは28日、登頂断念を発表した。

 18日の放送では、4月10日にネパール・カトマンズに到着し、13日に高地順応を開始、28日に登頂断念を決断するまでを詳細にレポート。イモト隊が高地順応に励んでいる時期に並行してエベレスト事故の発生、シェルパとネパール政府の対立などが起こる模様、イモト隊の葛藤を描いた。

 状況を鑑みて登頂を断念することになった28日、今年のプロジェクト中止を伝えられたイモトは「ん?え、理由は…?」と絶句。経緯を聞かされると涙が止まらず「悔しいですね。今年行きたかったんですけどね…」と絞り出すのが精いっぱいだった。

 「じゃあ来年またよろしくお願いしますって口で言うのは簡単ですけど…」「今年絶対に登るんだって思いが強かった分、そう簡単には…。リベンジですとは言えないかなあ」と切り替えられない心境を吐露。それでも「(また)登るなら皆さんと登りたいという思いはある」と隊のメンバーに呼びかけた。

 番組は「今後の展望は後日報告します」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年5月18日のニュース