優木まおみ 2人では最後のクリスマス「大切にしたい」

[ 2013年12月4日 13:21 ]

「UGG Australia クリスマスシーズンPRイベント」に出席した優木まおみ

 タレントの優木まおみ(33)が4日、東京・渋谷で行われた米カリフォルニアのブランド「UGG Australia」の「クリスマスシーズンPRイベント」にクリスマスアンバサダーとして登場した。

 以前から同ブランドのファンだったという優木は「ハリウッドセレブのゴシップ誌なんかを見ていて、日本ではまだ買えない時期から欲しい!って思っていて。日本に上陸した時にやったー!ってこぞって買いに行ったのを覚えていますね。シープスキンのものでは一番メジャーで上質。作りもしっかりしているし、形と色もバリエーションが豊富。足の末端を冷やさないことが一番大事なので、このUGGのブーツは妊婦にもありがたい。妊婦の友だちとも使えるねって話していて、油断すると毎日履いちゃうぐらい」と愛用者らしく熱弁をふるった。

 主催者からは夫、生まれてくるわが子の分も合わせて、3人分のブーツをクリスマスプレゼントとして贈られ、感激の表情を見せた優木。「今年のクリスマスも仕事ではあるのですが、夜にはご飯に行ったりとかできればいいなと。来年は出産もあって、来年からは3人以上で、2人で過ごすクリスマスは最後になるので、大切にしたい、記念の日にしたい。せっかくなので、デートしたり、イルミネーションとか見に行ったりしたいですね」と笑顔を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年12月4日のニュース