ダンカン「酷すぎる…」 父娘役で共演、鈴木沙彩さんを悼む

[ 2013年10月9日 11:50 ]

 お笑いタレントで俳優のダンカン(54)が9日、自身のブログを更新。8日に東京都三鷹市で刺殺された高校3年生の鈴木沙彩さんへのやり切れない思いをつづった。

 沙彩さんは小学生時代からタレント活動をしており、民放のドラマにも出演。近年には映画デビューも果たした。

 ダンカンは沙彩さんとは昨年放送されたフジテレビのドラマ「浅見光彦シリーズ」で父子役で共演。「何てこと…」「明るい子だった…」「酷すぎる…」と大きすぎるショックに短い言葉が並ぶ。「ご冥福をお祈り申し上げます」と結んでいるが、“娘”を襲った悲劇をまだ信じられないようだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年10月9日のニュース