KARAツアー初日「心配掛けてごめんなさい」

[ 2013年10月9日 06:00 ]

ライブ中に誕生日をサプライズ祝福され、笑顔を見せる「KARA」のニコル(中央)。左から、ギュリ、スンヨン、ニコル、ハラ、ジヨン

 メンバーのニコル(22)の脱退騒動で揺れる韓国女性5人組「KARA」の日本ツアー(7都市14公演)が8日、横浜アリーナで開幕した。

 ニコルは所属事務所との契約が来年1月で満了。再契約の意思がないため脱退と報じられたが、その後、ニコルはKARAに残る意向を表明した。公演では騒動には触れず、「皆さんの笑っている顔が近くで見られてうれしいです。特別な思い出になればいいな」と話すなど、終始笑顔だった。

 一方で、ハラ(22)が代表して「たくさん心配を掛けてごめんなさい。素敵な世界をお見せできるように頑張りますので、皆さん応援よろしくお願いします」とあいさつ。1万2000人で埋まった客席から「やめないで」と声が飛ぶ中、ニコルは頭を下げた。

 終盤では、7日が誕生日だったニコルをメンバーがサプライズで祝福。ケーキのロウソクの火を吹き消すと、目を潤ませて「サランヘヨ、愛してます」とファンに感謝の言葉を述べていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年10月9日のニュース