中尾明慶 さんまの結婚祝いは接着剤だった…新米パパぶりも報告

[ 2013年10月9日 11:33 ]

2010年3月、映画「時をかける少女」舞台あいさつに出席した中尾明慶と仲里依紗

 女優の仲里依紗(23)との間に第1子男児が4日に誕生したばかりの俳優の中尾明慶(25)が9日、日本テレビ系情報番組「PON!」(月~金曜前10・25)に出演し、MCのビビる大木(38)らの祝福を受けた。

 中尾は大木らの祝福に「ありがとうございます」と応え、「(父親になったことに)まだまだ実感がなかなか沸かない。とにかくかわいいだけ」と満面の笑み。「ちょっとずつですが。教えてもらいながらやってます」と抱っこしたりおむつを替えたりしていることも明かし、「だいぶ慣れてきました」と父親としての自覚が出てきたと話した。

 さらに「いいたいことがある」と笑いながら続けたのが「2013年上半期『ナイスカップル』ランキング」で中尾・仲夫妻が4位、ビビる大木とAKINA(28)夫妻が3位であること。「悔しいですよ」と笑顔ながら「表彰台に上るか上れないかの大きな違い」と心から残念がった。

 続いて、お笑いタレントの明石家さんま(58)から結婚祝いとしてプレゼントされた接着剤に「くっついて離れないようにと頂いた。さんまさんのテイスト、かっこいいな、本当に尊敬できますね」と瞠目。さらにTBSドラマ「3年B組金八先生」で共演した俳優の武田鉄矢(64)からは「ガマンや腹の立つことがあるが一緒にいることが結婚である」と助言されたと明かし「とても深く勉強になります」としみじみと話した。

 母との2ショット写真も紹介され「毎日会いに来てもらってますね」と男児の誕生を喜んでいる様子も伝えた。

 この日は12日公開の映画「キッズ・リターン 再開の時」を宣伝。「女性の方に見に来て頂きたい。男ってバカだなって知ってもらいたい。できればボクだけを見に来て頂けたら…」「会いに来て下さい」と持前の明るさでPRした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年10月9日のニュース