PR:

ジャスティン・ビーバーまたも受難 窃盗団に3320万円被害

コンサート会場でまたもや受難のジャスティン・ビーバー

 カナダ出身の歌手ジャスティン・ビーバー(19)がまたもや受難だ。12日に南アフリカで行ったコンサートの後に窃盗団により21万3000ポンド(約3320万円)を超える額の被害を受けていたことが分かった。

 窃盗団はヨハネスブルグにあるFNBスタジアムの壁を突き破ることに少なくとも3日間を費やし、ジャスティンがステージを後にしたわずか数時間後に現地通貨で約300万ランド(約3320万円)を持ち去ったというのだ。

 この現金は現在、ジャスティンが行っている「ビリーブ・ツアー」でのグッズやスナック販売の収益で、さらにその前夜に行われたボン・ジョヴィのライブからも盗まれていたという。しかも、スタッフ達は翌日の朝までその現金がなくなっていることに気づかなかったのだという。

 ソウェトにある現場から近いボーイセンス警察署のある警察官は「我々は現在のところ証拠収集をしている段階ですので、この盗みに何名が関わっていたのかは分かっていません」と話している。

 のみや金槌、縄などで武装していたと見られる窃盗団は、屋根から侵入した後に縄を使って現金が保管してある部屋へ忍び込んだものと思われている。

 13日に南アフリカ警察のスポークスウーマンを務めるカトレゴ・モゲール氏は「容疑者は屋根から侵入しました」「トイレのタイルを突き破りました」などとコメントしている。

[ 2013年5月20日 13:13 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月22日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル