GACKT 2か月ぶりツイート再開「恥ずかしいことは死んでもしない」

[ 2013年5月20日 16:12 ]

約2か月ぶりにツイッターを更新し、DEARSとツイートしたGACKT

 ミュージシャンのGACKT(39)が19日深夜から20日にかけて、約2か月ぶりにツイッターを更新、DEARS(ディアーズ)と呼ばれるファンに向けてつぶやいた。

 「さて、久しぶりに、少しだけみんなと糸を紡いでみるか」とつぶやき始め、一部週刊誌で報じられた女性への暴行問題で騒がせたことを謝罪した。「みんな色々心配してくれてありがとな。でも、全然心配ない。ホント、くだらない記事に振り回されたDEARSのことを考えると心が痛い」と続けた。

 フォロワーも「待ち侘びてました!!!!!」「久しぶりすぎて、むしろ泣けてくるぉ」などとツイート。これを受け「だから帰ってきたんだよ。あんまり、追板はやらないで置こうかと決めてたんだがな。みんなの声に答えた方が良いときもあるしな」と答えた。

 しばし、DEARSとの温かい応援メッセージを交換した後、出演予定のテレビ番組がキャンセルされた件には「正直、悔しいことは多いが、まあ、ボクも気が向いたらまた番組に出るよ」と安心させるつぶやきも。

 最後は「最近色々叩かれたが、まあ、言い合いをしてもしょうがない。ここは大人な対応をさせて貰うさ。ただこれだけは忘れないでくれ。『ボクは今までもこれからも、オマエたちがGACKTを好きだと言って恥ずかしいと思われるようなことは死んでもしない』それだけだ」とし「それじゃ、いい夢見てくれ。どんなときでも、笑顔を忘れんなよ。アディ押忍!!!」とクールに締めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年5月20日のニュース