女優あっちゃん海外デビュー 台湾で熱烈歓迎「ウォーアイニーメン」

[ 2013年5月20日 06:00 ]

台北で行われた映画「クロユリ団地」の舞台あいさつでファンと交流する前田敦子と成宮寛貴

 元AKB48の前田敦子(21)が女優として海外デビューを飾った。今月31日から台湾で公開される主演映画「クロユリ団地」(監督中田秀夫、日本公開中)の上映会が台北市で行われ、共演の成宮寛貴(30)、中田監督とともに参加。行く先々で熱烈な歓迎を受けた。グループ卒業後、初の海外での仕事で「こんなに早く目指していた目標がかなうとは」と感無量の面持ちを見せた。

 上映会に先立って行われた18日の記者会見。約50人の現地メディアと約500人のファンが集まった。チャイナドレス風の衣装で登壇した前田は「ダージャーハオ、ウォースー、アッチャン(皆さんこんにちは、私はあっちゃんです)」と中国語であいさつ。大きな拍手の中、「ウォーアイニーメン(みんな愛してるよ~)」と呼び掛けて会場を盛り上げた。

 女優として初の海外での仕事。「きのうは全然眠れなかったんです」と緊張を明かしながら「こんなにたくさんの人が笑顔で迎えてくれて今まで頑張ってきて良かった。グループ時代は(台湾に)来られなかったけど、独り立ちしてこんなに早く皆さんに会いに来ることができてうれしい」と感無量の面持ちを見せた。

 AKB48は台湾でもオフィシャルショップを展開し、姉妹グループの誕生も取り沙汰されるなどその人気は絶大。前田も熱い支持を集めており、今回も行く先々に大勢のファンが押し寄せた。台北市の空港に到着した際には約1000人が大歓迎。2人がロビーに姿を現すと、「あっちゃん!」の野太い声と、成宮ファンの「ナリ~!」という黄色い声援が飛び交う中、興奮したファンが殺到。もみくちゃになった成宮が服を破られる被害も受けた。あいさつの会場や宿泊先ホテルの入口にも数百人のファンが集まった。

 熱烈歓迎に前田は「皆さんの愛を感じました。(もみくちゃにされるのも)うれしくて、好きという気持ちをストレートに表現してくれるのがいいと思いました」と笑顔で感想。成宮が「国境を超えた交流ができて幸せ。国際的な活動を目指すことが目標になった」と飛躍を誓うと、前田も「(今回の訪台は)凄く糧になった。台湾には必ずまた来ます!」と、さらに成長して戻ってくることを約束していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年5月20日のニュース