ゴリ ミツバチ1000万匹に囲まれ…「芸人保険はあるべき」

[ 2013年5月20日 13:56 ]

第一生命「親子で!家族で!スマイルキャンペーン」プレス発表会に出席したガレッジセールの川田広樹(左)とゴリ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビの「ガレッジセール」「博多華丸・大吉」「COWCOW」が20日、都内で行われた第一生命「親子で!家族で!スマイルキャンペーン」プレス発表会に「親子の日 PR隊」として出席した。

 同キャンペーンはキャンペーンキャラクターによしもとパパ芸人たちを起用し、7月の第4日曜日の“親子の日”に向けて5万円分の旅行券、小型ビデオカメラ、電動かき氷機、彼らの声が入ったオリジナル目覚まし時計が合計2500名に当たるプロモーションを同社HPなどで20日から実施するもの(8月2日まで)。

 キャンペーンについて聞かれたガレッジセールの川田広樹(40)は「万が一の時は安心が必要ですし、スマイルっていうのは家族にとっても一番大切なキーワードです」と家族、親子、保険の大切さをPR。

 体を張る仕事も多い芸人だけに、保険はとても大切なもの。ゴリ(40)は「(危機一髪のことなんて)いっぱいありますよ。世界一大きなミツバチの巣から蜂蜜を採るというロケがあって、1000万匹に囲まれたんです。しかも、崖で、細いロープ。あれは怖かった。そんなのばっかりなんです」と危機一髪だった恐ろしい体験を明かし「芸人こそ保険に入るべき。芸人保険はあるべきなんです」と力説した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年5月20日のニュース