「中川家」剛が退院 2月からすい炎で入院

[ 2013年3月12日 22:12 ]

退院した「中川家」の中川剛

 すい炎で2月20日から入院していた漫才コンビ「中川家」の中川剛(42)が12日の夕方、退院した。

 所属の吉本興業が発表したもので、医師より退院しても問題ないとの判断を受けたもの。だが、今後も月に1回程度の通院が必要で、仕事復帰は医師の判断に従って決めるという。

 中川剛は2月20日に腹痛を訴え受診し、そのまま入院。これまで2003年から3回にわたりすい炎を患っており、4度目の発症となっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年3月12日のニュース