内田裕也 国立劇場で献花「風化させない。これからも支援」

[ 2013年3月12日 06:00 ]

東日本大震災2周年追悼式典に献花に訪れた内田裕也

東日本大震災から2年

 ロック歌手の内田裕也(73)は11日、東京・三宅坂の国立劇場で行われた犠牲者の追悼式典に参加し、昨年に続いて一般献花の列に並んだ。

 震災後、宮城県石巻市に炊き出しに出掛けたり、募金活動を行うなど積極的に支援活動を展開してきた。裕也は「あっという間の2年だが、原発事故の除染も進まず、いまだ避難している人が31万人。政権が変わって安倍首相にはスピード感を持って復興に取り組んでもらいたい。とにかく風化させないことが大事。ロックンローラーとしてできることは限られるが、オレも支援は続けていく」と誓いを新たにした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年3月12日のニュース