八神純子 大槌町の小学生と録音の復興支援ソング発売

[ 2013年3月12日 11:21 ]

復興支援ソング「かれ木に花を咲かせましょう」を発売した八神純子

東日本大震災から2年

 「みずいろの雨」などのヒット曲で知られる歌手、八神純子(55)が11日、岩手県大槌町の小学生とレコーディングした復興支援ソング「かれ木に花を咲かせましょう」を発売した。

 仮設校舎で一緒に学校生活を送る同町の4小学校の4年生68人と歌声を合わせて作成。優しい曲調に、♪かれ木に花を咲かせましょう みんなのために――という前向きな歌詞が印象的な一曲となった。八神は震災後、自宅のある米ロサンゼルスと日本を行き来しながら、被災地で80回以上のチャリティーライブを開催。11年12月に大槌町で、津波で母親を亡くした少女を含む小学生から「枯れ木に花を咲かせましょう」と書かれた絵はがきをプレゼントされ、「気持ちが凄くうれしくて」と作曲。作詞はともに被災地で活動する支援者が担当した。

 八神は「聴いた方が少しでも前向きになっていただけたら。私は皆さんに喜んでいただけるように歌い続けたい」と話している。八神のオフィシャルホームページやコンサート会場で発売。収益は全額被災地の支援に充てるという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年3月12日のニュース