「カメラ女子」が選ぶ芸能人 1位に福山雅治と宮崎あおい 5位に林家ぺー

[ 2013年3月12日 16:21 ]

自ら撮影した写真の前でNHKドキュメンタリー「ホットスポット 最後の楽園」の会見に出席した福山雅治

 「カメラ女子」が選ぶ「カメラが似合う芸能人」は、男性なら福山雅治(44)、女性は宮崎あおい(27)。写真、映像事業を展開するアスカネットはカメラをこよなく愛する女性500人を対象にアンケートを行ったところ、こんな結果が出た。

 調査対象は全国の20代~50代。男性部門1位に選ばれた福山は、昨年にはロンドン五輪でのアスリートたちを写した写真集を発売し、ナビゲーターを務めるNHKドキュメンタリー「ホットスポット 最後の楽園」でも自身が撮影した写真を披露するなど、写真家としても活躍している。2位に入った「SMAP」の木村拓哉(40)をはじめ、3位の俳優向井理(31)、4位の俳優本木雅弘(47)とカメラのCMでおなじみの面々が続いた。その中でも、5位に入った漫談家の林家ぺーは30代女性部門で木村と同率の3位となるなど、大健闘。いつもカメラを持ち歩き、どこでもパチパチやる印象が強かったようだ。

 同じく女性部門は1位の宮崎をはじめ、2位の綾瀬はるか(27)、3位の北川景子(26)、4位の真木よう子(30)、木村カエラ(28)と上位5名すべてがカメラのテレビCMに起用されている。

 同アンケートでは「死ぬまでに撮影したい風景」も調査。世界各国の名所が並ぶなか、富士山、オーロラも入った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年3月12日のニュース