広末涼子 福島市の追悼式で高校生の詩3編を朗読

[ 2013年3月12日 06:00 ]

福島県の追悼式で、詩を朗読する広末涼子さん

東日本大震災から2年

 11日は各自治体でも追悼式が開かれた。

 福島市で開かれた県主催の式典には約1000人が出席し、被災地支援にも携わった女優広末涼子(32)が、福島県の高校生が書いた詩3編を朗読。追悼式に参加した伊達市の女性(65)は「震災から2年がたち、福島や被災地が忘れ去られてしまうのではと不安だ。風化を防ぐために毎年開いてほしい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年3月12日のニュース