映画「おしん」ロケ公開 雪の山形で新旧共演

[ 2013年3月12日 20:14 ]

映画「おしん」に出演する小林綾子さん(左)と浜田ここねちゃん

 山形県内で行われている映画「おしん」のロケが12日、報道陣に公開された。1980年代に国民的人気を博したNHKの連続テレビ小説で、おしんの少女時代を演じた女優小林綾子(40)も、おしんの奉公先の若おかみ役で登場。「山形の雪景色に当時を懐かしく思い出した」と感激していた。

 この日は「山寺」として知られる山形市の立石寺に、おしんが奉公先の家族と初詣に出掛けるシーンを撮影。おしん役の浜田ここねちゃん(8)が、小林演じる若おかみにさい銭の小銭を渡されると「ありがとごぜえます」と喜んで受け取り、投げ入れた。

 冨樫森監督からは「はしゃぎ過ぎず、うれしい気持ちを表現して」と指示が飛んだ。

 撮影後の記者会見でここねちゃんは「小林さんと初共演して緊張しました。山形弁ができるようになってきたと思います」と照れながら話した。

 山形県の吉村美栄子知事も初詣客の一人でエキストラ出演。監督に「堂々としていた」とほめられると、知事は「終わってほっとした」と笑顔を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年3月12日のニュース