ひったくり対策は「たすき掛け」 NMB48が一日警察署長

[ 2011年10月11日 12:01 ]

大阪府警松原署の一日署長に就任し、市民と記念撮影に応じるアイドルグループ「NMB48」のメンバー

 大阪・難波を中心に活動するアイドルグループ「NMB48」のメンバー3人が11日、大阪府警松原署の一日署長に就任した。同府松原市役所前で、自転車の前かごに取り付けるひったくり防止カバーなどを配布し、被害防止を訴えた。

 11日に始まった「全国地域安全運動」の一環。3人は女性警察官の制服を着て登場。署員に「かばんのひったくりを防ぐためには」と問われたメンバーの小鷹狩佑香が「たすき掛けにすること」と答え、ほめられる場面もあった。

 大阪府は2009年までひったくりの認知件数が34年連続全国最多だったが、10年にワーストの座を千葉県に譲った。今年は8月までに1208件を認知し、ワーストに“返り咲き”している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年10月11日のニュース