スキマスイッチ 4時間ぶっ通しDJに挑戦

[ 2011年10月11日 11:00 ]

4時間ぶっ通しDJに挑戦したスキマスイッチの大橋卓弥(左)と常田真太郎

 男性2人組ユニットのスキマスイッチが10日、大阪市内で行われたFM802特別番組の公開生放送で4時間ぶっ通しのDJに挑戦した。

 新アルバム「musiam」の制作秘話を明かしたり、堺市出身のオレスカバンドを招いたトークコーナーでは学生時代のエピソードも交えながら和やかに進行。その後のスペシャルライブでは2500人を前にヒット曲「全力少年」など3曲を披露し、ボーカルの大橋卓弥(33)と鍵盤の常田真太郎(33)は「気持ちよくライブできた」とご満悦だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年10月11日のニュース