歌い続けた47日間 高橋真麻アナ「朝唄」に3万人!

[ 2011年9月1日 08:21 ]

 フジテレビの夏の恒例イベント「お台場合衆国」が8月31日で終了。高橋真麻アナウンサー(29)が毎朝カラオケを歌った「マーサの朝唄」が47日間で約3万人の観客を集めたことが分かった。

 真麻アナは7月16日からこの日まで、自前の衣装で美声を披露。期間中の8月上旬には、女性週刊誌でIT企業社長の男性(36)とのお泊りデートが報じられ、同アナも「報道をしていただいたことがきっかけでお付き合いすることになりました」と交際を認めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年9月1日のニュース