第一線で26年…小宮悦子キャスター“全国レギュラー”消滅

[ 2011年9月1日 07:21 ]

 フリーの小宮悦子キャスター(53)が出演していた全国放送のレギュラー番組が終了することになった。

 現在、メーンキャスターを務めるテレビ朝日「サンデー・フロントライン」(日曜前10・00)が今月いっぱいで終了。10月2日から「報道ステーションSUNDAY」がスタートすることになり、メーンは長野智子キャスター(48)、サブキャスターは同局の富川悠太アナウンサー(34)が務める。

 小宮キャスターは同局入社5年目のアナウンサーだった85年から98年3月まで「ニュースステーション」、98年4月から2010年3月まで「スーパーJチャンネル」に出演。2010年4月から始まった「サンデー…」の終了で、報道の一線で26年続けていた全国放送のレギュラー出演がなくなることになる。

 長野キャスターが出演していた「サンデー!スクランブル」(日曜正午)は、下平さやか(38)、小木逸平(37)の両アナが司会を務める。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年9月1日のニュース