ジャニーズ所属の16歳 京本政樹Jr 年上の美女にドキドキ

[ 2011年9月1日 07:31 ]

 俳優京本政樹(52)の長男でジャニーズJrの京本大我(16)が、セイコーの130周年記念CM「美しい女性(ひと)」編に出演する。このCMはタレントで演出家のテリー伊藤(61)が演出、作曲家の都倉俊一氏(63)が楽曲を担当した意欲作。アニバーサリーCMらしく印象的な作品に仕上がっている。

 おだやかな風と光が差し込む、とある図書館が舞台。そこには勉強に打ち込むブレザー姿の少年(京本)がいる。ふとした瞬間、気が付くと向かいには読書する美しい女性(影山絵里子)の姿が。その腕には美しい腕時計が巻かれている。あまりの美しさにペンを止め、見入っている少年の視線に気付いた女性。慌てて目をそらして、何事もなかったかのようにノートにペンを走らせる少年。次の瞬間、その美しい女性は少年のかたわらに立ち、少年の緩んだネクタイを締め直してあげる…というストーリー。ラストには「その美しい女性(ひと)は美しい時計をしていました…」のナレーションが入る。

 京本は短い時間の中で芽生えた恋の瞬間、ドキドキから始まる恋を新鮮に演じている。ウェブバージョンCMにはノートのアップのシーンがあるのだが、そこに書かれた英語は京本自身が書いたもの。「緊張してうまく書けなかった」と言うものの、高校生とは思えない達筆ぶりを披露している。

 年下の少年と年上の女性の偶然の出会い。誰もが憧れるシチュエーションの中、都倉氏が提供したおだやかで繊細な音楽が、どこか懐かしさを感じさせるセイコーの130周年記念CM。今秋に全国放送される予定だが、ウェブでは1日から先行公開される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年9月1日のニュース