巨人・中川皓太が大勢とともに実戦復帰「もう一段階進んだ」中継ぎ陣の奮闘に刺激「戻れるとも思ってない」

[ 2024年6月19日 17:28 ]

<巨人・セガサミー>8回に登板した中川(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 左膝痛のためファーム調整中の巨人・中川皓太投手(30)が、川崎市のジャイアンツ球場で行われたプロ・アマ交流戦で実戦復帰を果たし、1回無安打無失点の内容だった。

 守護神の大勢とともに実戦復帰を果たした中川は、試合後「いいところ悪いところありましたけど、とりあえず緊張感のある中でできたのでは。この間シート投げてもう一段階進んだかなという感じですね」と穏やかな表情で一息ついた。

 交流戦を終え、中継ぎ陣の奮闘が光るチームについては「全然、僕がいるとかいないとか関係なく、みんな今、1軍にいるピッチャー全員いいピッチャーばっかりなので。僕が復帰したからといって戻れるとも思ってないですし、そこは周りが見てこれだったらいけると思ってもらえるようなピッチングを今後やっていきたいなと思います」と気を引き締めた。

 大勢は2ー4の9回から登板し、1回1安打無失点、3奪三振。直球の最速は155キロを計測した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月19日のニュース