オリックス・宮城がウエスタン中日戦で実戦復帰し3回無失点 左大胸筋の筋損傷から1軍復帰へ前進

[ 2024年6月19日 13:25 ]

ウエスタン・リーグ   オリックス―中日 ( 2024年6月19日    ナゴヤ球場 )

オリックス・宮城

 左大胸筋の筋損傷で離脱していたオリックス・宮城が、ウエスタン・リーグ、中日戦で実戦復帰を果たした。

 5月8日の秋田での楽天戦で負傷し「左大胸筋の筋損傷」と診断された。球に直結する箇所だけに慎重にリハビリを続け、6週間ぶりにマウンドに戻ってきた。

 3回2安打無失点。初回に2安打を浴びるも無失点で切り抜け、3回は味方の失策で無死一塁を背負うも鵜飼を三ゴロ併殺打に。最後は岡林をこの日初めての三振に仕留め、36球で復帰登板を終えた。

 前日18日には大阪・舞洲の球団施設で故障後2度目のブルペン投球を行い、「日に日に良くなっていますし、やっと感覚を取り戻せている」と報告。「対打者の感覚だったり、そこら辺は1カ月ちょっと空いているので。今の状況でどれくらいできるか、知りたい」と実戦復帰に向けて話していた。

 エース左腕が、待望の1軍復帰へ一歩前進した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月19日のニュース