「あんなの初めて見た」今季MLB最長145m特大弾の大谷翔平にドジャース指揮官「ホホホ」と高笑い

[ 2024年6月19日 14:19 ]

ナ・リーグ   ドジャース11-9ロッキーズ ( 2024年6月18日    デンバー )

<ロッキーズ・ドジャース>6回、20号ソロを放つ大谷(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 ドジャースは18日(日本時間19日)、敵地でのロッキーズ戦に大逆転勝利し、3連勝を飾った。劇的な勝利に試合後、デーブ・ロバーツ監督も大興奮しっぱなしだった。

 チームは4-9で迎えた9回に1死満塁から代打・ヘイワードが満塁弾を放ち1点差。さらに2死一、二塁からT・ヘルナンデスが逆転3ランを放って試合をひっくり返し、勝利を収めた。

 試合後、指揮官は9回の逆転劇に「すごいね。(先頭の)パヘスが四球を選んだことから始まり、ロハスが安打、そこから続いていった」とニンマリ。「ヘイワードは(代打で)呼ばれた時にすでに準備ができていた。大きな満塁本塁打だった」と続けた。

 そして、「翔平は燃え続けていた。そして(テオスカー)ヘルナンデスが本塁打に繋げた。彼は大きな安打を打ち続けている。オフェンスサイドはこれ以上ないほど興奮している」と9回の怒とうの攻撃を冗舌に振り返った。

 また、大谷の今季メジャー最長となる飛距離476フィート(約145・1メートル)の特大20号ソロには「ホホホ(笑)すごいね。あんなの初めて見たよ」と高笑い。「数日前、彼が本拠地で右中間に打球を放ったときにも言ったんだ。見たことないってね。なんて言ったらいいのか言葉が見当たらない。あんなの見たことがない」と驚きを隠せない様子で、476フィートに「明らかに(他とは)違ったね」と脱帽していた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月19日のニュース