×

オリックスが3試合目で初の先取点を奪う 3回に宗が右前適時打 吉田正、杉本凡退で追加点は逃す

[ 2021年11月23日 19:21 ]

SMBC日本シリーズ2021 第3戦   ヤクルトーオリックス ( 2021年11月23日    東京D )

日本シリーズ<ヤ・オ3> 3回1死満塁、小川から先制の右前適時打を放つオリックス・宗 (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 オリックスがシリーズ3試合目で初めて先取点を奪った。

 2回2死満塁のピンチをしのいだ直後の攻撃。先頭の紅林が中前打で出塁し、続く伏見がバスターエンドラン。遊撃へ飛んだゴロをヤクルト・西浦が後ろへそらし、無死一、三塁と好機は拡大した。

 田嶋のバントで1死二、三塁とし、福田が歩いて満塁。続く宗が右前に適時打を放ち、ついに先手を奪った。

 「打ったのはチェンジアップです。(福田)周平さんがフォアボールでつないでくれていたチャンスだったので、必死に食らいついていこうと思っていました。タジ(田嶋)も頑張って投げていましたし、しっかりとバントも決めていたので、なんとか先制点になってくれてよかったです!まだ試合は中盤ですし、この後も追加点を取れるようにチーム全員で頑張ります!」

 さらに1死満塁とチャンスは続いたものの、吉田正が空振り三振、杉本が一邪飛と、頼みのクリーンアップが倒れた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月23日のニュース