×

守備解禁のオリックス・吉田正「何が起こるか分かりませんね」 守備機会なしも宗の悪送球で唯一の捕球

[ 2021年11月23日 23:02 ]

SMBC日本シリーズ2021 第3戦   オリックス4ー5ヤクルト ( 2021年11月23日    東京D )

<日本S ヤ・オ(3)> 5回2死満塁、中村の中前適時打で三塁手・宗の送球はレフトの吉田の前に転がる(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 オリックス・吉田正尚外野手(28)が、9月3日のソフトバンク戦以来となる守備を解禁した。指名打者(DH)制が使えない敵地での第3戦に「3番・左翼」でスタメン出場し、4打数2安打1打点。7回には一時、勝ち越しとなる適時二塁打を放ち、パ・リーグ首位打者の存在感を見せた。

 問題の守備では、打球が飛んでこなかったが、唯一“捕球”したのが5回。三塁手の宗が悪送球して、ボールが外野を転々し、最後は吉田正がキャッチした。「打球は来なかったけど、ワケわからん時に1球来てビックリした。何が起こるか分かりませんね。ボールから目を離したらいけないのが野球の鉄則」と話していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月23日のニュース