×

オリックス、痛恨…吉田正が打った直後に吉田凌が打たれて逆転負け 接戦落として1勝2敗

[ 2021年11月23日 21:50 ]

SMBC日本シリーズ2021 第3戦   オリックス4ー5ヤクルト ( 2021年11月23日    東京D )

<日本S ヤ・オ(3)>7回2死一塁、サンタナに逆転2ランを浴びるオリックス・吉田凌(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 一瞬も目が離せない接戦を落とし、オリックスは1勝2敗となった。

 3回1死満塁から、宗が右前適時打。シリーズ3試合目で初めて先取点を奪ったものの、5回に宗の悪送球も加わって、逆転を許した。それでも、オリックスは中軸が「反発力」を見せる。6回に杉本のシリーズ初本塁打となる2ランで同点。7回2死一、二塁の好機には、吉田正が左翼線に落ちる適時打を放ち、ついに勝ち越した。

 第1戦にサヨナラ打を放ったヒーローに貴重な一打が出て勝負は決したかに思われたが、ドラマはまだ続いていた。3試合連続登板となる4番手・吉田凌が7回からマウンドへ。2死一塁からサンタナに右中間へ決勝の逆転2ランを浴びた。

 8、9回は打線が沈黙し、悔しい1点差負け。ただ、クリーンアップに当たりの出ているオリックスが、このまま簡単に引き下がるはずはない。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月23日のニュース