×

ここ一番の吉田正だ オリの3番打者が7回に勝ち越し適時打 第1戦のヒーロー再び

[ 2021年11月23日 21:22 ]

SMBC日本シリーズ2021 第3戦   ヤクルトーオリックス ( 2021年11月23日    東京D )

日本シリーズ<ヤ・オ3>7回2死一、二塁、田口から勝ち越しの左線適時二塁打を放つオリックス・吉田正 (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 打つべき人が終盤のドラマを演出した。

 同点で迎えた7回、オリックスは先頭の伏見が四球。代打・若月の犠打で1死二塁とした後、福田が代わったヤクルト・田口から四球を選んだ。宗は見逃し三振に倒れたものの、吉田正が左翼線に落ちる適時打。ついに1点を勝ち越した。

 第1戦のサヨナラ打を放ったヒーロー。6回には杉本が同点2ランを放つなど、オリックスは主軸の健在が頼もしい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月23日のニュース