×

九州国際大付・香西が2試合連続完投勝利「最少失点で試合を作れた」、バットでも先制犠飛

[ 2021年11月23日 05:30 ]

明治神宮野球大会第3日 高校の部準々決勝   九州国際大付2ー1日大三島 ( 2021年11月22日    神宮 )

<明治神宮大会 九州国際大付・日大三島>9回1失点の投球を見せた九州国際大付先発の香西(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 九州国際大付は日大三島との接戦を2―1で勝利。エース左腕の香西一希投手(2年)が、2試合連続完投勝利を挙げた。

 強力打線が2得点と援護に恵まれなかったものの、6安打7奪三振で2試合連続の1失点完投。119球を投げ抜いてチームを4強に導き「最少失点で試合をつくることができて良かった」と、うなずいた。

 2回に自らのバットで犠飛をマークして先制した。すぐに同点とされたが、3回に大島のソロで再び奪ったリードを粘り強く守り抜いた。6回以降は毎回先頭打者を出しながらも「とにかく低めに大胆に投げた」と130キロ台の直球にスライダーなど変化球を交えて打ち取る。7回2死二塁のピンチは空振り三振で切り抜け、8、9回も得点を許さなかった。楠城徹監督は「良く粘ってしのいでくれた」と称え、「成長を実感できる」と目を細めた。

 準決勝は大阪桐蔭と激突。香西は「全てにおいてレベルが高い。思い切り楽しんでやりたい」と抱負を語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月23日のニュース