阪神・中田が今季限りで引退「好きな野球を職業にできたことが一番」若虎には「最強軍団作って」とエール

[ 2021年9月28日 16:17 ]

阪神・中田賢一
Photo By スポニチ

 阪神の中田賢一投手(39)が今季限りで現役を引退することが28日、明らかになった。近日中に会見を開く。

 この日、鳴尾浜での2軍全体練習に参加した右腕は阪神ナイン、練習試合の対戦相手だった古巣・ソフトバンクの関係者にもあいさつ。練習後、取材に応じ「引退しますという話をして、実際にウエスタンリーグも優勝しましたし、これから最強阪神軍団を作ってくださいという話をしました。好きな野球を職業にできたということが一番。辛いこともありましたけど、やっぱり好きなことを職にできることはこれほど幸せなことはない。それを常に思ってやっていたので、一生懸命やろうという思いでやっていました」と17年間の現役生活を振り返った。

 中田は04年ドラフト2位で中日に入団。FAでのソフトバンク移籍を経て昨年から阪神に所属。移籍1年目の20年は未勝利に終わり、今季も1軍での登板はなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月28日のニュース