広島・育成二俣が右上肢手術 2軍4発の有望株 復帰時期は未定

[ 2021年9月28日 16:16 ]

 広島は28日、育成の二俣翔一捕手(18)が27日に広島市内の病院で右上肢を手術したと発表した。術名は「右第一助骨、前・中斜角筋切除術」で、復帰時期は未定。

 二俣は、20年の育成ドラフト1位で広島に入団。強肩とパンチ力のある打撃が魅力で、1年目の今季はウエスタン・リーグ出場46試合で、打率・218、4本塁打、14打点だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月28日のニュース