阪神・平田2軍監督「賢一が良いことを言ってくれた」引退の中田が後輩に語りかけた「コーンの話」とは

[ 2021年9月28日 16:18 ]

平田2軍監督
Photo By スポニチ

 阪神の平田勝男2軍監督(62)が28日、今季限りでの現役引退を表明した中田を労った。

 今季は1軍での出番はなく、2軍のローテーションの一角として起用してきた右腕について「ピッチングだけじゃなく、アップからトレーニングから良い見本になってくれたよ」と目を細めた。

 具体例として挙げたのは、ランニングメニューで目印とする「コーン」にまつわるエピソード。指揮官は「我々も“コーンまで走るように”と投手にいつも言ってるんだけど。彼はそういう積み重ね、しっかりやっていたんでね。今の選手たちにもうるさく言っているけど、なかにはできない選手もいる。(若い選手も)もう一つ殻を破るためにやっていかないといけないところ。コーンまで走る。最後の一歩まで妥協しない。そういうところで賢一が良いこと言ってくれたんで」とベテラン右腕が残した“スピリット”を若手選手が継承することを願った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月28日のニュース