大谷翔平 これぞ二刀流!!メジャー最長8回6安打1失点で8勝目!打ではメジャー40号一番乗り

[ 2021年8月19日 10:36 ]

ア・リーグ   エンゼルス3―1タイガース ( 2021年8月18日    デトロイト )

<タイガース・エンゼルス>8回1死、レイエスを三振に仕留め吠える大谷(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は18日(日本時間19日)、敵地デトロイトでのタイガース戦に「1番・投手」で投打同時出場。メジャー最長の8回を投げ6安打1失点で8勝目を挙げた。防御率は2・79となった。打っては40号ソロを放つなど4打数1安打1打点。投打にフル回転し、チームは3―1で勝利した。

 投げては今季18度目の先発登板で、投打同時出場は15度目。2点の援護をもらってマウンドに上がった初回は1死から連打で一、二塁とされたが、続くキャンデラリオの右直で2走・スクープが飛び出して併殺。2、3回も安打されたものの無失点で、4回は3者凡退。5回は1死からWカストロに右越えソロを浴びて1点差に迫られたが、6回は3者凡退、7回は2死から安打を許したが無失点で、8回は3者凡退に抑えたところで降板した。

 これで6試合連続クオリティースタート(6回以上で自責点3以下)で、メジャー自己最多を更新する8勝目。自身は7連勝となった。

 打っては、初回無死の第1打席は、先発左腕スクバルのスライダーにタイミングが合わず空振り三振、3回1死の第2打席は右飛だったが、8回無死の第4打席で、1ストライクから右腕シスネロの内角球を完ぺきに捉えてメジャー40号一番乗り。14日(同15日)のアストロズ戦以来4試合ぶりのアーチで、本塁打王争いでリーグ2位のブルージェイズ・ゲレロに5本差をつけ、通算563本塁打の殿堂入り強打者、レジー・ジャクソンが1982年にマークした左打者のシーズン球団記録を更新した。

 前日17日(同18日)の同カードは、3打数1安打3四球で1盗塁だった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月19日のニュース